薬剤師転職~専門薬剤師について~

専門薬剤師の仕事や種類は?

薬剤師転職~専門薬剤師について~

一口に薬剤師といってもその種類はさまざまです。薬剤師の中には管理薬剤師、認定薬剤師、専門薬剤師がいます。専門薬剤師は聞きなれない言葉ではありますが、その仕事内容について説明したいと思います。

専門薬剤師の資格は、専門領域、治療に関してのあらゆる高度な知識・技能を習得している薬剤師として、各学会・協会から認定を受けた薬剤師のことを専門薬剤師と呼んでいます。

専門薬剤師の仕事は、ドクターと仕事を分担して患者さんに薬物療法を提供することを最大の目標としており、日本学術会議薬学委員会専門薬剤師分科会にて、専門薬剤師制度ついての検討され、今後の高度医療の提供と発展には専門薬剤師の育成が必要と掲げられています。

認定薬剤師よりも高度な医療知識、薬剤知識をもつ専門薬剤師は専門領域の認定薬剤師の資格を持っていることが専門薬剤師になる前提になっています。

薬剤師というと調剤薬局での仕事を思い浮かべがちですが、年とともに発展する高度な医療、治療にはチームとして患者さんの治療に当たることも多く、その中に専門の知識をもった薬剤師が加わることが増えてきました。とくに高度な薬物治療には専門薬剤師がかかせません。患者さんに安全で安心できる薬物治療を施すためには必要なのです。

以下は 専門薬剤師の種類です。 がん専門薬剤師、感染性御専門薬剤師、妊婦、授乳薬剤師、HIV感染症薬剤師、認定専門指導者(専門薬剤師)、栄養サポート(NST)専門薬剤師です。そのほかには漢方、在宅ケアなどさまざまな需要に対応しています。

たとえば、がん専門薬剤師がチーム医療にに加わった場合には次のような役割があります。専門領域の薬品の適正使用、副作用の管理、マネージメント、検査結果からの必要なアプローチの相談、対応。患者さんへの医薬品の説明、医薬品の情報収集、薬物治療の効果、副作用の評価。ドクターへの薬物治療の指導、監督業務などなど。

その活躍の幅は日々広がっているといえます。専門的な医療に貢献したいという場合はめざされてはいかがでしょうか。"

薬剤師としての立ち振る舞いとスキルアップ

薬剤師の仕事はその職場よって様々であり多岐に渡ります。 ドラッグストアでの勤務の場合は、そこで長年勤めている登録販売者との付き合いを上手にして行かないと、店舗での自分の立ち位置が危うくなってしまいかねません。

薬品以外の商品の管理であったり、販促用のPOP広告の作成であったり、お客さんとのコミュニケーションを大切にしなければならなかったりで、薬剤師としての本来の仕事ができていないかのように思ってしまうことも多々あり、精神的な疲れが溜まりやすくなることがあります。

また、小さな薬局での勤務の場合は、従業員の人数が少ないこともあり、ドラッグストアよりもさらに人間関係に注意を払わねばなりません。上司にあたる薬剤師との考え方が違っていたとしても、仕事を続けたいのであれば我慢をする他ありませんし、伝えるべきことがあるのであればその伝え方を工夫しなければなりません。

大きな病院の場合は、薬剤師や医師の数が多くなりますので、それぞれの性格や考え方はもちろんのこと、出身大学や病院内での派閥や評判などを知って行く必要があります。看護師や他の職員への配慮も重要です。

入りたての職員が、医師と二人で談笑していたりするだけで、あらぬ噂が飛び回ったりすることもありますので要注意です。疑義照会をしたりしますと、あからさまに嫌な顔をする医師もいますし、それだけでは済まず、職を失ってしまう場合もあったりしますので、最初のうちは、見ざる聞かざるでいたほうが無難であると言わざるをえません。

とは言っても、薬剤師の資格を取得するために、懸命に努力をして得た資格なわけですから、自分のポリシーを曲げる必要はありません。ただ、職場で仕事をするわけですから、人間関係を良好に保つための言い回しや立ち振る舞いを学んでいくことは大切だと思います。

自分のスキルを活かすためにも、薬剤に関する専門的な知識を深めて行くことはもちろんのこと、専門外の看護的なことや、リハビリのことなど、職場内外のさまざまな仕事の理解をしていくことで、薬剤師としての価値を高めることにつながって行くのではないでしょうか。